動画配信サービス 比較

動画配信サービスを比較するならココ!

「動画配信サービスはどんな種類があるの?」
「それぞれの動画配信サービスの違いを比較したい」
「どの動画配信サービスを選んだらいいの?」

 

そんなあなたの動画配信サービス(VOD)に関する疑問や悩みにお答えするのが、このサイトです。

 

動画配信サービスって、きっとあなたが思っている以上の数に沢山の種類が存在しています。新しいVODも参入うしてきています。でもそれらを調べ尽くしたVOD比較情報サイトって、実はなかなかありませんよね(多くても20社未満です)。

 

当サイトでは、全部で44社(2018/4/16時点)。出来る限り沢山の動画配信サービスが比較できるうように調査しました。あなたが動画配信サービスを比較するにあたって、きっとお役に立てるかと思います。

 

 

一番のおすすめ有料動画配信サービスは?

この質問に、「はい!〇〇サービスが一番です。」とお答えしたい気持ちはあります。でも、ちょっと待ってください。実は有料動画配信サービスの中でどれが一番のサービスかは、人によって違ってくるのです。動画配信サービス各社で、いろいろと特徴があり、それぞれのメリット・デメリットがあります。それらを知ったうえで、あなたにとっての一番を見つけるというのが、有料動画配信サービスの中での、あなたにとっての一番を探し出す方法なんです。もちろん、この考え方が大前提にはなるのです。ただ、「どうしても、あえてでもいいから、一番のお勧めを教えて!」と言われたとすると、答えはこうなります。動画配信サービス利用が初めてなら、まずはHuluが良いでしょう。完全見放題で追加料金一切なしで、幅広い動画が楽しめます。月額料金も千円以下です。また、動画配信サービスを利用したことがあるけど、もっと良い動画配信サービスがあったら切り替えたいと思っている人でしたら、まだ試したことがなければ、U-NEXTを試してみてください。料金はHuluの2倍ちょっとと、少々お値段高めですが、より充実した内容となっています。

 

 

動画配信サービス一覧 全44選

一覧目次

 

総合系
U-NEXT | Hulu | dTV | dTVチャンネル
Netflix | Amazonプライム
TSUTAYA TV/DISCAS
DMM見放題chライト | auビデオパス
ビデオマーケット | Rakuten TV

 

アニメ専門
dアニメストア | バンダイチャンネル | アニメ放題
あにてれ | 東映アニメオンデマンド

 

スポーツ
DAZN

 

韓流/華流
クランクイン!ビデオ | KOCOWA | Mnet Smart

 

プロレス
新日本プロレスワールド | WWEネットワーク

 

テレビ局系
NHKオンデマンド | 日テレオンデマンド
TBSオンデマンド | FODプレミアム
テレビ東京ビジネスオンデマンド
パラビ(Paravi) | TVer
カンテレドーガ | 大阪チャンネル

 

BS/CS・ケーブルテレビ系
スターチャンネル | ひかりTVのテレビオンデマンド
WOWOWメンバーズオンデマンド
acTVila(アクトビラ) | スカパー!オンデマンド

 

演劇
観劇三昧

 

その他
ANAシアター | music.jp
AbemaTV | ニコニコチャンネル

 

有料版終了したVOD
GYAO!(ギャオ) | スポナビライブ

 

 

U-NEXT

動画配信サービスの中では、高めの価格設定ですが、その分充実のサービス内容となっています。また、金額も詳細をみてみると、結局お得な価格設定になっていることもわかります。動画は見放題動画と有料動画の大きく二つに分かれます。最新作や準新作は有料動画として視聴できます。見放題のみの動画配信サービス会社では、見放題の代わりに、最新作や準新作の動画は一切ありませんので、最新作等が見たい方は、U-NEXTのような有料動画が視聴可能な動画配信サービス(VOD)を利用するようにしてください。また、U-NEXTは最大4台まで同時視聴が出来ます。家族で利用する際などには、最大4人分を1契約で動画視聴できることになるので、たいへんお得です。ダウンロード機能もあるので、自宅のWi-Fi環境でダウンロードしておいて、通勤時にそれを視聴するといった使い方も出来ます。雑誌の最新号が70誌以上読み放題というサービスも付随しています。雑誌読み放題サービスが付随しているのは、FODプレミアムとU-NEXTだけです。価格は他よりも高めの月額1990円です。ただしその中に、有料動画視聴用ポイントが1200ポイント付いています。最新作の映画が2本分視聴できるポイント数です。そう考えると、見放題分の費用としては、790円のみとなります。結果的に、見放題分の金額としては、他社よりも安かったりします。U-NEXTは1990円という金額だけをみると高いようですが、その中身を見ると、かなりお得なサービスであることがわかりますね。最初の31日を無料でお試しできます。

Hulu

月額923円で見放題の動画配信サービスです。Huluはどんな人にお勧めかと言うと、最新作や準新作でなくていいから、洋画を沢山観たい、海外ドラマを観たい、日テレ系の番組を視聴したい、追加料金の心配をしたくないので、とにかく見放題のサービスが良い、という人にお勧めです。Huluはもともと海外発の動画配信サービスなので、洋画はとても充実しています。それに加えて、Huluの日本でのサービスは日本テレビが行っています。従って、日テレ番組の動画にも強いのです。日テレ番組(対象番組が)が約1年間、見逃し配信で視聴できます。もちろん日テレ以外の国内動画もありますので、結果的に、Huluは視聴できる動画の幅が広いということが挙げられます。またアメリカで人気のFOXチャンネルも視聴出来るというおまけ付き。初めて有料動画視聴サービスを利用してみようと思っている人は、Huluを利用してみると、有料動画視聴サービスの楽しさが実感できるかと思います。

dTV

業界最安値レベルで動画視聴ができるサービスとなっています。金額は月額500円。1日あたり20円しません。とにかく安く動画視聴サービスを試してみたい人にとっては、dTVは最適の選択肢だと言えます。この金額でFOXチャンネル視聴もできます。あと動画数は限られますが、4K画質にも対応しています。ダウンロード機能も付いています。追加料金で新作映画等の視聴はできますが、U-NEXTと比べると新作映画の数は少なめです。それと、dTVはDAZNと同時契約するとどちらもかなりお得になる点はお勧めです。スポーツ動画サービスサイトのDAZNは単独だと月額1750円(docomoユーザーは980円)しますそれが、dTVとDAZNのセットだと2050円(docomoユーザーは1280円)で、毎月200円お得になるんです。またdTVチャンネルというサービスも登場。これもセットでお得に視聴できる仕組みです。

dTVチャンネル

dTVが2018年からスタートさせた新たな動画チャンネルで、全部で30以上のチャンネルが楽しめます。海外ドラマや映画は「ソニーチャンネル」や「映ザンマイ!」で視聴でき、アニメは「dアニマックス」「BOOMERANG」「ニコロデオン」「ディズニージュニアライト」などで、地上波TV番組は「TBSオンデマンド」「ファミ劇Neo」「プチフジ」「ひかりTVチャンネル+」などで視聴できます。韓流・華流も充実して、「KBSワールド」「あじどらはん」「Kchan!韓流TV」がカバーしています。それ以外にも、音楽や趣味、ドキュメンタリーなどのチャンネルがあります。料金は月額1280円、ドコモユーザーは780円です。dTVやDAZNとのお得なセットもあります。

Netflix

海外発のVODサービスNetflixは、海外ドラマを観たい人にイチオシのサービスです。アメリカで人気のテレビドラマはもちろんのこと、Netflixオリジナル制作のドラマも非常に人気となっています。各動画配信サービス会社でも、独自性を出すために、オリジナルドラマの制作に力を入れています。その中でもNetflixは特に力を入れているようで、完成度の高いオリジナルドラマを多く揃えています。Netflixは完全見放題サービスなので、追加料金は一切発生しません。料金体系は3つあります。安い方から、650円(SD画質、同時視聴1人)、950円(HD画質、同時視聴2人可)、1450円(UHD,4K画質、同時視聴4人可)になります。海外ドラマ派は、Netflixは絶対に外せません。
amazon

Amazonプライム

Amazonが提供している特別会員システムで、年会費3900円(月当たり332円)、もしくは月間プラン400円で利用できます。Amazonプライム会員になると、Amazonでお買い物した商品は全て配送料無料で届けてくれたり、お急ぎ便、日時指定もできるようになります。プライムミュージックといって、100万曲以上の音楽も無料で聞けます。そして、プライムビデオといって、対象の映画やTV番組が会員価格のみの追加料金なしで、視聴できます。見放題コンテンツは3万本以上。有料レンタル動画のラインナップも約4万本あります。月額料金は最安値クラスに該当しますので、コストパフォーマンスは最高に優れたVODと言えるでしょう。

TSUTAYA

TSUTAYAには、ツタヤTV(TSUTAYA TV)ツタヤディスカス(TSUTAYA DISCAS)というサービスがあります。TSUTAYA TVには、動画見放題の作品と、都度レンタル/購入の作品があります。見放題作品は約8千タイトル、その都度レンタルの作品と合わせると合計で約3万2千タイトルあります。月額動画見放題プランは、月額933円(税抜)で、見放題プラス1080円分のポイントが付き、都度レンタルの作品に使用出来ます。また、毎月定額のポイントが付与されてそれを使っていく、定額ポイントプランというのもあります。次にTSUTAYA DISCASですが、こちらはDVDやブルーレイを宅配でレンタルしてくれるサービスです。単品レンタルと、定額レンタル(既定の枚数をお得にレンタルできるプラン)があります。さらに、「動画見放題&定額レンタル8」プラン といった、TSUTAYA TVとTSUTAYA DISCASを組み合わせたプランもあります。TSUTAYA DISCAS(宅配レンタル)分は、毎月8枚まで借り放題となります(旧作であれば9枚目以降も借り放題)。

DMM見放題chライト

7000本以上の動画が見放題のVODです。月額料金が540円というのも魅力。ただし、視聴者の主な対象は男性でしょう。動画の約半数はグラビアアイドル動画となっています。それと成人向け動画が約2千本。映画やドラマは、あまりありません。

auビデオパス

携帯電話auユーザーのみが契約できるVODです。月額料金562円と安く、dTVとの比較対象となる動画サービスと言えます。個別レンタルの作品もあります。auビデオパスは、テレビ朝日と業務提携をしているで、テレビ朝日系番組に強いです。テレビ朝日番組の約1年間の見逃し配信にも対応しています(対象番組に限る)。ただ、テレビ朝日はパラビ(Paravi)と強い提携関係を持つことににありますから、auビデオパスでのメリットは薄れていくかもしれません。auビデオパスには、映画割引の特典があります。TOHOシネマズの映画が最大700円引きになるのと、シネプレックスの映画が最大400円引きになります。映画を実際に映画館に行って鑑賞するのが好きな人にはお勧めのVODになりますね。

ビデオマーケット

配信本数が19万本以上と、作品数の多さが特徴です。プランは、プレミアムコースとプレミアム&見放題コースの2種類。プレミアムコースは、月額500円で、単品購入に使用できる540ポイントが毎月付与され、それを利用します。もちろんポイントの追加購入もできます。プレミアム&見放題コースは、プレミアムの内容に加えて、約2万本ある見放題作品も視聴できまる、980円のプランとなります。地上波キー局の全てと提携していて、見逃し配信等に対応しています。映画に関しても、劇場上映後からの動画配信開始までのスピードが早いです。ビデオマーケットは、2017年12月よりDMM.comと業務提携し、より充実した内容を目指したVODとなっています。

Rakuten TV(旧 楽天ショウタイム)

Rakuten TV(楽天TV)は、月額料金が不要な代わりに、作品毎にお金を支払って動画をレンタルしたり購入したりします。コンテンツ数は非常におおく、全部で約18万本の動画を有しています。また、楽天TV経由で月額契約できる様々な動画視聴サービスもあります。例えばその1つが、「Rakuten NBA Special」。NBAの試合を日本語解説付きで年間200試合以上、オンデマンドで視聴できます。それ以外にも、宝塚歌劇団の舞台が見れる「タカラヅカ・オン・デマンド プレミアムプラン」や、アニメの人気タイトルが順次見放題の「特選アニメパック」や、キッズアニメ2000話以上が見放題の「特選キッズパック」から「Vシネマ 極上!マンスリーパック」などまで種類豊富にあります。おすすめは、動画4万本が見放題の「プレミアム見放題パック」です。

dアニメストア

アニメ好きの方に一番にお勧めできる、月額400円のアニメ見放題の動画配信サービスです。アニメ配信が充実しているVODは他に、バンダイチャンネルやアニメ放題、あにてれ等がありますが、無料で見られる作品数が、dアニメが2400作品以上と一番多くなっています。バンダイチャンネルもアニメ作品数が3千以上とdアニメに多いですが、そのうち見放題作品は約1千作品となります。

バンダイチャンネル

アニメ動画配信サービスでは、dアニメと並んで人気の高いアニメVOD。3500作品以上という作品数は、アニメ動画配信サービス最大級となります。さらに月額1080円の見放題コースでは、このうちの約1000作品が見放題対象アニメ作品として登録されています。dアニメとバンダイチャンネルとではそれぞれにしかないアニメもありますので、見たいアニメによって利用したいVODが決まってくるかもしれません。バンダイチャンネルでは、機動戦士ガンダムシリーズが全部配信されているのは特徴のひとつと言えます。

アニメ放題

ソフトバング運営のアニメ動画配信サービスです。以前はソフトバンクユーザーのみの利用でしたが、2017年12月より誰でも利用できるようになりました。月額利用金額は400円です。作品数は現時点で約1500本あります。アニメ放題では、アニメ放送だけでなく、アニメ制作の裏側が知れるコンテンツ等も用意しています。アニソン視聴機能といって、アニメのオープニング曲やエンディング曲を聞けるという機能もあります。

あにてれ

テレビ東京によるアニメ専門動画配信サービスで、月額700円で利用できます。テレ東のアニメに関しては、全作品見逃し無料視聴できます。作品数は約200と少なめですが、テレ東アニメに特化して考えれば一番お勧めのVODと言えるでしょう。アニメ配信の他にも、声優さんのインタビューなんかのサブコンテンツもあります。テレ東の番組が見れない地域のアニメファンにとっても、嬉しいVODだと思います。

東映アニメオンデマンド

東映アニメ作品や週刊少年ジャンプのアニメ作品が視聴できるサービス。テレビアニメのみならず、劇場版アニメが充実しているのがアニメファンには嬉しいところ。1本ずつレンタルする個別課金と、毎月5〜6タイトルがランダムに入れ替わって視聴できる月額見放題プラン(1026円)があります。他のVODでは配信していないような作品もあったりします。

DAZN

スポーツ専門動画配信サービスです。DAZNでは、サッカーからボクシング、野球、F1、テニス、ラグビー、ゴルフなど、様々なスポーツ中継を配信し、年間で7千以上のスポーツコンテンツを視聴することが出来る、世界最大のスポーツVODです。月額1750円と少し高めではありますが、サッカー好きは、DAZNは絶対にお勧めです。J1、J2、J3の全試合を中継します。セリエAやプレミアリーグなどの欧州5大リーグの中継もします。docomoユーザー者は月額980ですし、また、dTVと併せて利用すると、金額的にもお得になりますので、おすすめします。

クランクイン!ビデオ

動画ジャンルは、洋画、邦画、海外ドラマ、アジアドラマ、国内ドラマ、アニメなどがありますが、特徴的なのは、中国ドラマ・台湾ドラマが見られることかと思います。韓流ドラマとあわせて70以上の種類のドラマがラインナップされています。料金プランは、月額プランと個別作品毎の購入の方法があります。月額プランでは、480円で700円分ポイントが付与される1ツ星プラン、900円で2000円分ポイント付与の2ツ星プラン、1500円で3000円分ポイント付与の3ツ星プランがあります。月額をかなり超える金額のポイントが付与されるので、かなりお得な料金体系だと思います。なお、ポイントは、動画を見るのにもコミックを読むのにも使うことが出来ます。海外、韓国、中国、台湾ドラマが見放題という、ドラマ月額見放題パック(900円)というのもあります。

KOCOWA(ココワ)

韓国のテレビ番組に特化したVODです。KBS・MBS・SBSという、韓国の3大放送局の番組を見ることができます。韓流ドラマだけでなく、K-POPやバラエティショー、ニュースなど、韓国のテレビ番組がいろいろと日本からも見ることができます。ココワパスという月額で見放題視聴できるプランがあり、月額1000円ですが、現在半額の500円で登録できるようです。韓流ファンなら見逃せないVODです。

Mnet Smart(エムネットスマート)

韓流エンタメ動画配信サービスです。韓国のドラマやバラエティ、K-POPなどがオンデマンドだけでなく、リアルタイムでも楽しめます。会員にはベーシック(1200円)とプレミアム(2300円)の2種類があります。韓流ドラマが見られるのは、プレミアム会員のみとなります。Mnet Japan リアルタイム視聴というスカパー!で視聴できるチャンネルが視聴できるのもプレミアム会員です。それ以外は同じサービス内容です。

観劇三昧

全国約270劇団、900以上の作品が月額料金980円で見放題になるという、演劇ファン注目の動画サービスとなっています。あなたが視聴することによって、各劇団にロイヤリティが支払われるので、劇団支援の意味合いも持ちます。普段は観に行けないような地方の劇団も鑑賞できます。

新日本プロレスワールド

新日本プロレスの主要大会がライブで、またオンデマンドで視聴できます。オカダカズチカ、内藤哲也、ケニーオメガ、飯伏幸太などの現在進行形のファイトから、アントニオ猪木、藤波辰爾、長州力、ハルクホーガンなどの昭和の時代のプロレスまでも観戦できます。また選手のドキュメンタリーやメキシコCMLLのルチャリブレも放映。日本国内のみならず、世界中から会員になることができるため、海外の視聴者も多くいます。月額税込で999円です。

WWEネットワーク

アメリカのプロレス団体WWEの試合が視聴できるVODです。以前は日本からは会員になれませんでしたが、2016年より日本からも視聴できるようになりました。但し会員登録画面等は全て英語です。十経も基本は英語となりますが、レッスルマニアなどの主要大会(PPV)では、日本語実況もあります。最近では、中邑真輔やイタミヒデオ(KENTA)、戸澤陽、アスカ、カイリ・セイン(宝城カイリ)などの日本人レスラーの活躍も目立っています。月額料金は9ドル99セントになります。

NHKオンデマンド

NHKオンデマンドでは、2種類の見放題プランがあります。1つ目は、BSを含めたNHKの番組の中から毎月500〜600本を視聴できる「NHK見逃し見放題パック」というプランです。大河ドラマや連続テレビ小説なども視聴できます。ただし見逃し視聴期間は、基本2週間(ニュースは1週間)になりますのでご注意ください。2つ目は、NHKの過去のドキュメンタリーやドラマなど、約5000本の番組が視聴できる「/NHK見逃し特選パック」というプランです。どちらも月額972円です。また、番組を単品で購入視聴するということもできます。

日テレオンデマンド

月額ポイントコースというのが基本となります。月額300円、500円、1000円、2000円コースの4種類があり、そのポイントを使って動画を購入するというものです。また、特定の番組だけ月額で見放題になるというプランも別にあります。アンパンマン月額コースと、3分クッキング月額コース、GLS月間全試合コースの3つです。日テレの番組に関しては、Huluにてもカバーしているので、今後の日テレオンデマンドがどうなっていくのかは、推移を見守りたいと思います。

TBSオンデマンド

大きく分けて、月額ポイントコースとプレミアム見放題コースの2種類があります。月額ポイントコースは、毎月決まった額のポイントが付与されて、そのポイントを使って動画を視聴するコースです。300ポイント、500ポイント、1000ポイント、2000ポイントの4つのコースがあります。プレミアム見放題コースは、月額900円で対象動画が見放題で視聴できます。さらに毎月500ポイントが付与されるので、お得なコースと言えます。2018年4月よりサービス開始となるパラビ(Paravi)とうい動画サービスがTBSが主導で運営されるので、今後のTBSオンデマンドがどうなっていいくのか気になるところです(2018/3/20に、TBSオンデマンドが2018/6/30でサービス終了することを発表)。

FODプレミアム

動画視聴&雑誌最新号読み放題ができるサービスがこちら。雑誌読み放題はU-NEXTもありますが、FODプレミアムは、全部で100冊以上とさらに豊富な雑誌数を揃えています。動画はフジテレビ系列の番組動画が充実。ほかの動画視聴サービス会社でもフジテレビの番組視聴は出来ますが、番組の種類は、やはりFODプレミアムが断トツで多いです。動画の種類は、フジテレビ系の番組だけでなく、洋画や邦画、韓流ドラマなんかも楽しめます。FODプレミアムがお勧めな人は、フジテレビ系列の番組が好きな人、余暇時間を動画視聴と雑誌読み放題とあわせて満喫したい人には、特にお勧めです。フジテレビの番組(対象の番組)を約1年間、見逃し配信してくれます。月額888円で、雑誌が毎月100冊以上読めるだけでも凄いと思いますし、それに加えて沢山の動画も視聴可能。有料動画を視聴できるポイントも毎月、タダでゲットできる方法もありますので、それらを考えると、かなりお得なサービスだと思います。フジテレビ系列というこで、それだけに種類が限られてしまうのではないかと躊躇している人も、この内容で888円であれば、十分に試してみる価値があると思いますよ。

テレビ東京ビジネスオンデマンド

テレビ東京はビジネス経済関係の番組が充実しています。ガイアの夜明け、WBS(ワールドビジネスサテライト)、カンブリア宮殿などをはじめとするテレ東の人気番組が月額500円で見放題です。一部の番組はライブ配信もしています。アプリを使って、スキマ時間にビジネス情報をチェックすることもできます。また、テレビ東京ビジネスオンデマンドはアメリカからも視聴可能なので、海外出張中にも最新情報を随時チェックできます。

パラビ(Paravi)

2018年4月から開始の動画配信サービス。TBSやテレ東、WOWOWOW、電通、博報堂、日経が合同出資した新たしいサービスです。月額999円(税込)での見放題対象コンテンツに加えて、有料動画が視聴できるチケットが毎月300円分、会員の方に付きます。ドラマかやバラエティの見逃し配信から、映画、経済、スポーツ、音楽、演劇、オリジナルコンテンツまで、幅広い内容が視聴できるサービスになっています。登録月は無料で視聴できます。

TVer

在京・在阪の民放8局(日本テレビ、テレビ朝日、TBSテレビ、テレビ東京、フジテレビ、毎日放送、朝日放送、讀賣テレビ放送)によるテレビ番組の見逃し配信サービスです。全ての番組ではなく、一部の番組に限られますが(それでも沢山の番組があります)、オンエア終了から1週間、どのテレビ局に限らず全てTVerにて見逃し視聴をすることが可能です。

カンテレドーガ

関西テレビによる動画配信サービス。元々はGYAO!のサービスの一部だった関西テレビ番組のVODを、新たにカンテレドーガとして独立させてものです。フジテレビで放映されている番組も、実は関西テレビ制作のものも沢山あります。それらの番組を関テレで無料見逃し配信や、プレミアムコンテンツとして有料動画として視聴できるようになっています。カンテレドーガの有料動画は、見放題ではなく、月額でポイントを購入するプランが基本となっています。

大阪チャンネル

吉本興業とNTTぷららによる、関西エンタメ番組が楽しめる動画サービス。ABC朝日放送、関西テレビ放送、毎日放送、テレビ大阪、讀賣テレビ放送、サンテレビ、GAORAが番組提供していますので、関西お笑い番組などはかなり充実しています。またこれらに加えて、よしもとの劇場公演も独占放映しています。なんばグランド花月本公演や、ルミネtheよしもとお笑いライブなども見ることができます。料金は月額480円です。関西出身の人も、関西を離れても馴染みの番組が見られるのは嬉しいですね。

スターチャンネル

海外の映画、ドラマを中心にした動画サービスを提供しています。元々は、スカパー!やJ:COM経由での視聴のみでしたが、2017年10月よりインターネットTVチャンネルもスタートしています。料金は月額2300円で、初月は無料です。スターチャンネルには、3つのチャンネルがあります。スターチャンネル1はハリウッド映画を中心にした映画ラインナップ、スターチャンネル2は世界中からの厳選した映画作品を用意、スターチャンネル3は日本語吹き替え専門チャンネルとなっています。映画好きにはおすすめの動画配信サービスと言えます。

ひかりTVのテレビオンデマンド

ひかりTVは、NTTがフレッツ光回線を使った、80以上の専門チャンネルが視聴できるケーブルテレビサービスです。そのひかりTVが提供しているテレビオンデマンドというサービスを利用するには、ひかりTVと契約する必要があります。テレビオンデマンドを利用すると、ひかりTVで契約しているチャンネルを、PCやスマホでも視聴できるようになります。利用料金は、毎月の月額視聴基本料金のほか、ひかりTVチューナー料金が掛かります。月額視聴基本料金は、1000円〜2500円位、チューナー費用は、月額500円〜900円です。WOWOWやNHKオンデマンド等をオプションで付けることもできます。内容は充実していますが、手軽に始められるVODという印象ではありませんね。

WOWOWメンバーズオンデマンド

WOWOWテレビ会員の契約した人が、無料で利用できるオンデマンド動画配信サービスになります。WOWOWプライム、WOWOWライブ、WOWOWシネマの幅広いコンテンツが特徴のWOWOWを、自宅以外でもスマホやタブレットなどで、いつでもどこでも視聴できます。WOWOWの利用金額は、月額2300円になります。

acTVila(アクトビラ)

WOWOW系列のVODサービス。入会金も月額費用も無料で利用できます。レンタルDVDのように、見たい動画を個別にレンタルします。個別レンタル課金の作品は、いろいろなVODから動画提供されているので、幅広い種類から動画を選ぶことができます。アクトビラはもともとは、アクトビラ対応のテレビからのみ利用するVODサービスでしたが、現在はマルチデバイス対応となり、スマホやタブレットなどからも利用することができるようになりました。特定のチャンネルを月額見放題プランとして視聴する方法もあります。

スカパー!オンデマンド

スカパー!会員の人向けのオンデマンド動画配信サービスです。スカパー!には、いろいろな月額プランやパックセットがあります。それらをスマホやPCなどでも視聴できるようになります。それを見逃し配信を含め、好きな時に視聴できるようになります。テレビ向け視聴アプリも登場しましたので(2017年後半)、対象機種のテレビでも、スカパー!の番組をを好きな時に見られるようになりました。

ANAシアター

ANAマイレージクラブ会員が利用出来る動画視聴サービスです。ANAカードで決済すると、マイルが貯まっていきます。月額見放題プランは、980円。都度課金プランもあります。一般的にVODの月額見放題プランというのは最新作の映画は一切含まれないものなのですが、ANAシアターは毎月新作が1エピソード無料で観ることができます。

music.jp

動画(映画、ドラマ、アニメ)だけでなく、音楽や漫画、電子書籍も楽しめる、エンタメ総合配信サイトがmusic.jpです。2種類のプレミアムコースが用意されていて、500円コースに登録すると、ポイント640円分と動画ポイント1000円分が付与されます。1000円コースに登録すると、ポイント1330円分と動画ポイント1000円が付与。すごい沢山のポイントが付くので、有料動画も実質追加料金なしで沢山楽しめるVODになっています。音楽はハイレゾ音源も有り。実は作品数も非常に多く、動画16万本以上、音楽620万曲以上、漫画17万冊以上、書籍17万冊以上となています。

AbemaTV

インターネットテレビという、新しい時代のメディアとして画期的な企画等をどんどんと試してくれているのがAbembaTVですよね。無料で視聴できるというのが基本的な視聴方法なのですが、AbembaTVには月額960円のプレミアムプランというのがあります。これは、見逃してしまった番組や、有料動画を見放題で見れるサービスです。映画なども視聴できて、なかなかお勧めです。

ニコニコチャンネル

ニコ動(ニコニコ動画)のよるサービスで、沢山のチャンネルが存在しています。無料チャンネルと有料チャンネルをあわせると、全部で数千以上のチャンネルがあります。有料チャンネルだけでも千近いチャンネルがあるので、膨大です。ニコニコ(niconico)自体を利用するのは無料一般会員でも可能ですが、月額540円でプレミアム会員になることもできます。一般会員の場合、混雑時に低画質モードになってしまったり、生放送視聴時に強制退去させられたりすることがあるのですが、プレミアム会員になればそういったことはおこりません。

GYAO!(ギャオ)

Yahoo!JAPANが運営する動画配信サービス。テレビドラマの見逃し配信から、映画、海外ドラマ、韓流ドラマなどなど幅広いコンテンツが無料で観れるのが魅力のGYAO!。さらに、プレミアムGYAO!といって、無料では見られない約300のコンテンツも月額料金を払うと見られるサービスを2016年2月より実施していましたが、このサービスは2018年2月をもって終了。今後はHuluを利用してくださいとのメッセージです。

スポナビライブ

スポーツ専門のVODで、プロ野球をはじめバスケやテニス、海外サッカーなどのスポーツコンテンツを提供していましたが、2018年5月をもってそのサービスも終了。今後は、そのコンテンツの一部をDAZNに受け渡すことになり、DAZNでのスポーツライブ観戦をおすすめしています。

動画配信サービスを比較してみた

動画配信サービス(VOD)を選ぶ際、いろいろなポイントから比較検討することができます。あなたが比較してみたいポイントを以下から選んでください。各ページで詳しく比較情報をお伝えしています。

 

価格比較・無料お試し期間
プラン比較(レンタル/見放題/完全課金制など)
同時視聴数比較
読み放題雑誌比較

 

 

以下の情報も今後、どんどん詳細情報を追加していく予定です。
お楽しみに。

視聴端末種類
支払い方法
利用者数
画質
音質
ダウンロード/オフライン機能
作品数
見放題作品数
英語字幕/吹替え 切り替え
FOXチャンネル
3D
VR
4K
月額料金にポイント付か