動画配信サービス 同時視聴

動画視聴サービスの同時視聴数の比較表 全44選

動画視聴
サービス名

同時視聴数
U-NEXT 4
Hulu

2台までいける模様
ただし規約では1台

dTV 1
dTVチャンネル 1
Netflix 1 / 2 /4 プランによる
Amazonプライム 3

ツタヤTV
TSUTAYA TV

1
TSUTAYA DISCAS 1
DMM見放題chライト 非掲載
auビデオパス 1
ビデオマーケット

3台までいける模様
規約には特に記載なし

Rakuten TV
(旧 楽天ショウタイム)

1
dアニメストア 1
バンダイチャンネル 1
アニメ放題 1
あにてれ 非掲載
東映アニメオンデマンド 規約には特に記載なし
DAZN 2
クランクイン!ビデオ 1
KOCOWA(ココワ) 非掲載

Mnet Smart
(エムネットスマート)

1
新日本プロレスワールド 規約には特に記載なし
WWEネットワーク 非掲載
NHKオンデマンド 1
日テレオンデマンド 1
TBSオンデマンド 1
FODプレミアム 5

テレビ東京
ビジネスオンデマンド

1
パラビ(Paravi) 1
TVer 複数可能
カンテレドーガ 非掲載
大阪チャンネル 1
スターチャンネル 1

ひかりTVの
テレビオンデマンド

非掲載

WOWOW
メンバーズオンデマンド

契約数分
スカパー!オンデマンド 契約数分
観劇三昧 1
ANAシアター 非掲載
music.jp 非掲載
AbemaTV 2
ニコニコチャンネル 1
GYAO!(ギャオ) --
スポナビライブ --

同時視聴が可能だと何のメリットが?

動画配信サービス(VOD)の動画視聴を複数同時に可能ということは、自分以外の人も同時に複数の端末でVODを利用できるということ。

 

ご夫婦で暮らしている方や、お子さんも含めてご家族で暮らしている方などは、同時視聴数が多ければ、家族でVOD1つ契約しておけば、みんなで利用することができます。

 

同時視聴数が特に多いのは、U-NEXTやNetflix(プレミアムプラン)、FODプレミアムです。U-NEXTは月額1990円なので他のVODと比較すると高めの価格設定ですが、4人で利用できるとので、1人当たり500円弱になります。Netflixは1人当たり363円、FODプレミアムは178円です。

 

動画視聴サービスを利用しようと思っている方は、何人で利用するかも考慮して考えると、本当にお得かどうかの判断が変わってくるかとも覆います。

 

登録可能端末台数って?

同時視聴数とは別に、各サービス毎に、登録できるデバイス(端末機器)の台数の上限が決められているVODもあります。現代においては、ひとりで複数のデバイスを保有しているものです。ノートパソコンに、タブレット、スマホ、テレビ。ゲーム機、等々。スマホだって複数持っている人もいるかと思います。

 

VODで設定できる台数の上限数が少ないと、あなたが保有するデバイスを全て登録できません。使用頻度の高いデバイスを登録して、もし仮に他のデバイスで動画視聴したい場合には、登録機器の入れ替えを行う必要が生じます。